リノベーションを考える前のチェックポイント

じ家で長く住み続けるためには、メンテナンスが必要になります。 リノベーションをするかどうか考えるときにも、家族が持つ住まいへの不満や、これからのライフスタイルなどを話し合い、現状を把握することから始めます。今回は、場所別にリノベーションを考える前のチェックポイントをご紹介します。   【外装】屋根や外壁のメンテナンスは必要か 外装は、住まいのなかでも傷みやすい場所……もっと読む

【新築】5/30完成見学会@藤沢市辻堂東海岸

【開催日程】5月30日(日) 【開催時間】AM10:00~PM5:00 ※雨天決行 【会  場】藤沢市辻堂東海岸2丁目 ※完全予約制となりますので、ご希望の時間を予めご連絡ください ※ご予約いただいた方に、案内図を送付致します。 ※感染予防対策を十分に行い、見学会を実施させていただきますが、ご来場の方はマスク着用等のご協力をお願いします。   ……もっと読む

日本の住宅の寿命は?ー滅失住宅の平均築年数の国際比較ー

『日本の住宅の寿命 = 住宅の資産価値』 御施主様が2,000~3,000万円かけて建てた住宅の資産価値はどのくらい長持ちするのかということが、『住宅の寿命』を意味します。1つ前の項目にも記載してありますが、日本は世界的に見て住宅後進国です。下のグラフにも現れていますが、残念ながら日本の住宅は32.1年で資産価値がゼロになってしまいます。しかし、アメリカでは66.6年、イギリスでは80.6年……もっと読む

ウッドデッキのリフォーム

皆様こんにちはEGOぱぱです。 古くなったデッキは 歩くのも怖いですし ササクレやヒビがあり 使わなくなりますよね このお客様はデッキの床が沿ってきてしまって 床が抜けそうで怖い、とのことでした。 これから 樹脂のデッキに交換工事を行います。……もっと読む

これからの住宅選びに必要なこと

これから家づくりをするのではあれば、住宅の省エネ性能を見るようにしてください。省エネ性能が高いのか低いのか、ここを判断するのがまず第一のポイントになります。 省エネ性能が高い住宅のことを、『高性能住宅』、『省エネ住宅』と言ったりします。では、この「省エネ性能が高い住宅」とは何かというと、『高断熱』で『高気密』な住宅が、省エネ性能が高い住宅になります。     そ……もっと読む

先進国で日本の住宅は認められている?

先進国であるイギリスでは保健省、日本でいう厚生労働省が、住宅に関する法律をつくっています。 イギリスでは新築住宅を建築する際に、「真冬の室内温度が18℃以下になるお家をつくってはいけない」という法律があります。 なぜかというと、健康状態に関わるからです。18℃未満では血圧の上昇、5℃未満では低体温症の危険性が大きいということで、基本的人権の尊重に関わるからです。残念ながら日本ではまだここまで明……もっと読む

新規作品

皆様こんにちはEGOパパです。 新規の作品のご紹介です。 玄関前の目隠しに縦格子のスリットを入れ 風通しと完全に目隠しではなく少し見えるようにしました。 また、植栽を涼しげに1本いれ 床は自然石を使用いたしました。……もっと読む

南国風 有孔ブロック

こんにちは! Mr,DENです。 本日の施工例はこちらです。 じゃじゃん。 有孔ブロックをアクセントに 壁の仕上げを得意の左官でランダムなコテ仕上げに 職人の技 すばらしいです。 では。……もっと読む

太陽光発電システムと住宅の事情

自然素材に特化した我々サンキホームですが、時代ですね。 太陽光発電システムを取り扱うことになりました。 一軒家をお持ちの方々や検討されている方々なら一度は『太陽光発電ってどうなの?』と思ったことがあるのではないでしょうか。 色々な業者から話を聞いたり、訪問販売で話を聞いたりで何が本当で何が嘘かわからなくなってしまったみなさん、売電下がってるし、元取れないし、メンテナンス面……もっと読む