中古マンションのリノベーションの良さとは?!

「マンションを購入したいが、新築は値段が高くてなかなか手が出せない・・・」

このようなお悩みを抱えた方も多いのではないでしょうか?

 

そんなときにおすすめなのが、中古マンションをリノベーションする方法。

「リノベーション」とは、マンションの内部を丸ごと、部屋の間取りに至るまでを新しく作り変えることをいいます。中古マンションをリノベーションすれば、一部だけを新しくする「リフォーム」とは異なり、室内のすべてが新しくなったマンションを手に入れることが可能です。

 

■中古マンション+リノベーションのメリット

新築マンションと比較して、中古マンションのリノベーションにはどのような利点があるのでしょうか?

 

・費用が抑えられる

当たり前の話ですが、立地等の条件が同じであれば中古マンションの価格は新築マンションよりも安くなります。工事費用は別途必要になるものの、中古マンションをリノベーションする方が新築マンションを購入するよりも費用を安く抑えられるのです。

 

・物件数が多い

新築マンションに比べて中古マンションは数も多く、お目当ての場所にある物件を探すのも難しくありません。より本命の希望エリアに近い物件が見つけやすくなるので、「絶対にここに住みたい!」という地域が決まっている方にもおすすめできる方法だといえるでしょう。

 

・自由に設計ができる

一般的な新築マンションは、どの部屋も同じような間取りになっており、万人受けするように作られています。しかし、リノベーションを行えば、自分の好みに合わせて自由に間取りやデザインを作り変えることも可能です。

 

■中古マンション+リノベーションのデメリット

中古マンションのリノベーションには、次のようなデメリットもあるので注意してください。

 

・リノベーションできない場所もある

基本的に、中古マンションでリノベーション可能なのは、部屋の内部となる専有部分だけです。玄関やバルコニーやサッシといった外部と接する共用部分は、リノベーションできないので気をつけてください。また、自由に間取りを動かせない部分もあります。

 

そして、共用部分に加えて、マンション全体の構造に関わる部分も同じように、リノベーションすることはできません。具体的には、上下水道につながる配管や外壁部分などが挙げられます。

 

・ローンの金利が高い

マンションを購入する際、多くの方は住宅ローンを利用することと思いますが、リノベーションの工事費用は住宅ローンの対象に含まれないので注意してください。

別途資金を用意するか、住宅ローンに加えてリフォームローンを組む必要があります。

 

例えば、メガバンクの場合、住宅ローンの金利は0.8~1%程度ですがリフォームローンの金利は3~4%となります。このように、リノベーションを行うとローンの金利負担が増えるということを忘れないようにしましょう。

 

■まとめ

いくつかのデメリットは抱えているものの、中古マンションのリノベーションは新築マンションにはない確かなメリットがあります。

「今まで新築にこだわっていたけど、中古マンションのリノベーションも悪くないかも」と思った方は、ぜひ一度サンキホームへご相談ください。あなたの望みを叶える、魅力的なリノベーションプランを提案させていただきます。