FP(ファイナンシャルプランナー)

FPによるライフプランニング

ライフプランニングでは、一人ひとりの将来の家計を分析、シミュレーションすることができます。将来の収入・支出・貯蓄額を、グラフと数値で確認もできます。
未来の家計簿を作れるので、老後に貯蓄が不足しないか、住宅ローンをきちんと返済できるか、現在の保険や運用商品が適切かどうか、判断するための根拠となります。

FPによるライフプランニング

ライフプランニングを実施する3つのメリット

ライフプランニングでは、家計を分析、シミュレーションし、将来の収入・支出・資産を、グラフと数値で確認できます。未来の家計簿を作れるので、老後に貯蓄が不足しないか、住宅ローンをきちんと返済できるか、現在の保険や運用商品が適切かどうか、判断するための根拠となります。

①無理なく購入できる予算を算出できます

無理なく購入できる予算を算出できます

住宅を購入する上で、まず決めなければならないのは住宅費としてねん出できる金額ではないでしょうか。
もし「なんとなく」決めていたとしても、はたしてその予算で無理なくローンを返済できるのか。あるいは、気に入った土地や素敵な家を見つけた時に、予算を上げることが可能なのか。詳細なライフプランニングをすることで、その答えを導くための数字的根拠を出すことができます。

②住宅ローンの選び方がわかります

住宅ローンの選び方がわかります

多くの金融機関で多種多様な住宅ローンがあり、それぞれの家庭にあった住宅ローンを選ぶのは大変です。
もちろん金利での比較はできますが、保証料や手数料、優遇金利とその期間、変動か固定化、何年借りるか、などなど選択しなければなりません。その判断の根拠となるのがライフプランニングです。FPから住宅ローンの考え方や仕組みについて、わかりやすい解説をしてもらえるのもメリットです。

③支出を見直し、家計改善ができます

支出を見直し、家計改善ができます

住宅購入のメリットとして、「ローン返済後には住宅費が不要になり、資産だけが残る」ことだと言われています。一方で、住宅ローンの他に固定資産税や火災保険などの固定費が確定してしまうことが大きなデメリットとも言えます。住宅購入を検討しているこのタイミングで、ライフプランニングを行い、現在と将来の支出を洗い出し、無駄な固定費(保険料・通信費・水道光熱費・返済など)を削減できるチャンスかもしれません。

FPが行うライフプランニングの価値

ライフプランニングは昨今、さまざまなシミュレーションソフトが普及し、多くの金融機関でもサービスで実施する事例も増えてきました。しかしながら、現実的にそこから将来の家計の真の課題を見出し、解決につなげるには豊富な知識と経験が必要不可欠です。また、ヒアリングと並行してさまざまなアドバイスを適時行い、分析後のフィードバックでは課題の抽出だけでなく、必ず解決策もご提示いたします。漠然とした不安も解決し将来に対し、しっかりとした見通しと安心感を得ることができます。