こんにちはTUです。

みなさんこんにちはTUです!

今日は屋根塗装の話。

例えば外壁はサイディング・屋根はスレート板の場合、

経年のメンテナンスは、一般的には塗装工事となります。

既存の塗膜は徐々に劣化して剥げてくると、板の内部に水が浸透し、

反りや割れの原因となります。(たぶんだいぶ前のブログで同じこと書きました)

屋根の塗装工事で重要なのは縁切り又はタスペーサーの施工です。

実は屋根は塗っただけだと逆に雨漏りしてしまいます。

それは塗料によってスレートとスレートの隙間が全部塞がってしまい、

水の抜け道がなくなる為です。

屋根材と屋根材同士の縁切りが大事!

塗り終わった後、カッターやへらで縁切りするのも良いですが、

ここで取り上げたいのがタスペーサーという材料です。

雰囲気でいうとクサビみたいな物で屋根材と屋根材の間に入れて、隙間を空ける材料です。

このタスペーサーですがとても重宝されている物ですが、

写真は先日見かけた屋根です。

割れている箇所が多々あります。

実はこれ、タスペーサーの入れる箇所が悪く、屋根材に無理が架かって割れてしまった状態です。

タスペーサーが入っているという事は塗装工事をしている。

つまりリフォーム工事としてメンテナンス工事をしているという事。

良い状態にしようと思って、費用を出して、、これでは本末転倒です。

みなさんのご自宅の屋根は大丈夫でしょうか?

それではみなさん、また!