リノベーションを考える前のチェックポイント

同じ家で長く住み続けるためには、メンテナンスが必要になります。

リノベーションをするかどうか考えるときにも、家族が持つ住まいへの不満や、これからのライフスタイルなどを話し合い、現状を把握することから始めます。今回は、場所別にリノベーションを考える前のチェックポイントをご紹介します。

 

【外装】屋根や外壁のメンテナンスは必要か

外装は、住まいのなかでも傷みやすい場所のひとつ。

特に屋根材の割れやずれ、外壁のひびや汚れなどは外せないチェックポイントです。例えば屋根の素材に着目すると、屋根材の材質によって耐久性が異なります。

 

一般的に多く使われるカラーベストも10年経てば塗り替えが必要。10~15年で足場をたてての塗装メンテナンスが必要です。メンテナンスサイクルもリノベーションに絡めていくのが重要です。

 

【収納】家族の人数と収納の量は合っているか

住まいの暮らしにくさに直接繋がりやすいのが、収納不足。

家族の人数と収納の量があっているか、適切な場所に収納スペースあるかをチェックしてみてください。

最近のリノベーションで人気なのが、ウォークインクローゼットなど大容量の収納。

他にもシューズクローゼットやパントリー(食品や調理器具を収納する部屋)など、適材適所に大容量の収納があれば、住まいがすっきりと片付くはずです。

 

【間取り】現在のライフスタイルに合った間取りか

10年以上が経過すると、子どもが成長して個室が必要になるなど、家族のライフスタイルも変化し新しい間取りを考えるタイミングになることも。現在の暮らしに合った間取りになっているかもチェックポイントのひとつです。

 

今人気を集めているのが、家族が回遊しやすい「仕切らない間取り」です。

オープンな空間は、用途に合わせて使い勝手が良く、統一感のあるインテリアを楽しめるのも魅力。また、使いづらいと敬遠されがちな和室は、仕切り壁をなくしてリビングの一角を和室コーナーにリノベーションするアイデアも人気です。

 

【水まわり】使いやすさや汚れ傷みの具合はどれくらいか

汚れや傷みが目立ちやすいのが水まわり。シンクやガス台の周辺、床・天井・壁などの汚れがひどくなっていないかをチェックしましょう。また、器具が古くなってくると、水漏れ等も心配の1つです。

他にもキッチンからダイニングまで、動きやすい間取りになっているか、水まわりが使いづらくないか、収納は足りているかなどがチェックポイントになります。

 

リノベーションなら、以前の住宅に多かった独立型のキッチンを、開放的なオープンキッチンにしたいなどの希望が実現できる場合もあります。キッチンに立つ人のモチベーションを上げることも家事効率アップに繋がるため、ぜひ理想を思い描いてみてチェックしてみてください。

 

浴室のリノベーションを検討するなら、浴室の寒暖差、床・壁・天井のカビはどのくらいか、掃除がしやすいか、高齢者が使いやすい浴室かなど、快適性だけでなく安全性も重視してチェックしましょう。特に気温が下がる冬は、健康に配慮して居室と脱衣室・浴室の温度差をできるだけなくすことも大切。温度管理や断熱にも配慮したリノベーションが求められます。

 

まとめ

リノベーションを進める前に、現状の住まいチェックは大切です。出発点は「何が問題か?」と考えると、整理しやすいかもしれません。今回、御紹介したポイントを参考に自己診断してみませんか。水まわり、居室、外観など、一般的にリノベーションが必要になるタイミングは異なります。迷ったら、専門家に相談だけでもしてみることをおすすめします。ぜひあなたも、納得のいくリノベーションをするために現状を把握してみてください。