建て替え*リフォーム*リノベーション、どれが最適?!~メリットとデメリット~

築年数の経過した住まいを持つ人にとって、メンテナンスが必要な時期は必ずやってきます。そんな時、建て替え・リフォーム・リノベーションどれが最適なのか悩むところではないでしょうか。

 

今回は、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら見ていきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

建て替えの場合

・建て替えのメリットとは?

建て替えとは、既存の住宅を基礎から解体・撤去し、新たに住宅を建築すること。

ゼロから設計することができるため、立てていく様子を随時確認でき安心できるだけでなく、新しい建物に住めるという満足感も高くなります。

また、希望の間取りやデザインも自在。最新の設備を取り入れたり、地震対策をより高めたりと、現時点で安心して暮らせる住まいづくりが可能に。

 

建て替えは、比較的多額のローンが組みやすいのも魅力です。

リフォームに比べると資産価値も高くなるため、長期的視点を持って理想的な住まいを目指す方におすすめです。

 

・建て替えのデメリットとは?

前述のように、建て替えは既存の建物を解体する必要があるだけでなく、不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など各種税金もかかるため費用の負担は大きくなります。

工期もリフォームに比べて長くかかり、完成までの間は住むことができないため、仮の住居を探す必要があり引っ越しも2回行わなければなりません。

 

また、現在の建築基準法などを確認し、その基準にしたがって建て替えする必要があります。

地域や場合によっては、建て替え自体ができないこともあるため事前にチェックしておきましょう。

リフォームの場合

・リフォームのメリットとは?

リフォームとは既存の基礎部分は残し、部分的に改築、修繕、増築などを行うことです。

古くなった設備を取り替えたり、間取りを変更したりと住まいを改修して、新築同様の状態に戻すことができます。

 

リフォームには、一定の要件を満たす住宅をリフォームし、基準を満たす耐震、省エネ、バリアフリー仕様に改修した場合に利用できる減税制度もあり、その他税制上のメリットも多いため人気を集めています。一般的に新築よりも費用が抑えられるため、負担が小さくなります。

 

またリフォームであれば、住みながら工事を進めることも可能。仮住居や引っ越しの必要がないことも魅力です。

「思い出のある住まいをできるだけ残したい」「費用の負担を抑えたい」という方におすすめです。

 

・リフォームのデメリットとは?

リフォームは、既存の建物をそのまま使用するため一般的に新築に比べてリフォーム後のメンテナンス費用がかかる場合があります。劣化が激しい場合には、補修費用も検討しておかなければなりません。

 

また、リフォームは現状の住まいを有効活用するため、間取りの変更などには限界があります。

とくに、トイレやキッチンなどの水まわりを別の場所に変更したい場合は配管から移動する必要があり、費用もかさみます。場合によっては不可能なこともあるため、やはり構造を作り変える建て替えと比べ、自由度は劣ると言えそうです。

 

 

リノベーションの場合

・リノベーションのメリットとは?

リフォームと並んで良く比較されるのが、リノベーション。

リノベーションとは、建物の魅力を活かしながら、新築以上に付加価値を付けることです。

 

リフォームは、機能性を元の状態に戻すことですが、リノベーションは、新たな機能や価値を向上させていくことを意味します。思い出のある建物の味わいや趣を残しながら、長期的に見て付加価値を付けた住宅を目指したい方におすすめです。

 

・リノベーションのデメリットとは?

スケルトン(柱・梁などの構造躯体だけの状態)にして、間取りや内装を作り変えるのがフルリノベーション。解体工事を含めて工事は広範囲となり費用は高額になる可能性が高くなります。

 

また、解体して初めてわかる想定外のトラブルも。

柱や配管などの劣化が発覚するなど、プラン変更や追加の補修費用などが必要になる場合もありますので、想定外に対する備えも大切です。

 

工期はリフォームに比べて長く、約2~3か月程度かかるため、できるだけ早く住みたいという方には向きません。

理想を追い求めるほど費用もかさみ、必ずしも建て替えよりもリーズナブルとは言えないため、総合的に見てリノベーションを選択するのか検討してみてください。

まとめ

それぞれのメリットとデメリットを見ていくと、基準をどの部分に据えるかによって選び方はさまざまだということがわかります。

目先の費用だけで判断すると、長期的に見たときにメンテナンス費用がかさむことも。

 

建て替え・リフォーム・リノベーション、今後の住まいとの付き合い方によって、どれを選択するのが最適かは変わってくるため、家族や専門家とよく話し合い納得したうえで進めたいですね。ぜひ記事を参考に、理想の住まいを実現してください。