タイルのいろいろ

タイルのいろいろ

 

今日はタイルの素材についてです。

 

〇磁器質タイル

石英、長石、粘土などを1200~1350℃で焼いたタイルです。吸水率が低いので水回りに使うことが可能です。

 

〇せっ器タイル

粘土や長石などを1200前後で焼いたタイルです。磁器質タイルに比べると吸水率は高いが、素地が硬く耐候性に優れています。

 

〇陶器質タイル

陶土や石灰などの原料を1000~1200℃で焼いたタイルです。素地は多孔質で吸水率は高くなり、たたくと濁音を発します。

 

このようにタイルといってもいろいろな素材があったりします。

建築・エクステリアのことでしたらお気軽にサンキホームにお問い合わせください。