家庭内事故で亡くなる方は交通事故の約6倍!

原因のほとんどが「ヒートショック」によるもの

「ヒートショック」とは急激な温度差が体に及ぼす悪影響のことです。急激な温度差によって血圧が上がり、脈拍が早くなったり、心臓に負担がかかることを言います。
日本では年間約19,000人亡くなっています。一方、交通事故は、約3,000人なので家の外より家の中で亡くなる方が圧倒的に多いのです。大きな原因は、「急激な温度差」になります。残念ながら日本の今までの住宅は、特に冬場は温度差が激しく、リビングとお風呂にいるときでは大きな違いがあります。夜中寝ているときにも、ヒートショックが大きいのです。
ヒートショックを防ぐには、「家の断熱性」、「家の気密性」を高めれば良いのです。

家庭内ヒートショックにより亡くなる人

原因のほとんどが「ヒートショック」

結論から言うと、ヒートショックを防ぐには「家の断熱性」、「家の気密性」を高めれば良いのです。断熱性が高ければ室内の熱が逃げにくく、気密性が高ければ暖房が家全体に効いてきます。また、計画的な開口部の取り方や壁や屋根だけでなく、床下や基礎部の断熱性を高めればさらに万全です。