メリットがたくさん!玄関リフォーム

住まいのリフォームというと、キッチン・バスルームといった水回りやリビングなど、普段使う機会の多い部屋をイメージする方が多いのではないでしょうか?

しかし、それらに比べて使う機会や時間は少なくとも、リフォームによって大きく住まいの利便性が向上する箇所があります。それが「玄関」です。

 

今回は、玄関リフォームをやるべき理由と、それによって住まいがどう変わるのか、お伝えしていきます。

 

防犯面からみた玄関リフォーム

玄関は家の出入り口にあたります。

空き巣もまず狙った家の玄関から侵入を試みるため、リフォームによって防犯性能を高めることは家族とその財産を守る上で重要なことです。

 

一般的に空き巣は、特殊な器具を鍵穴に挿入して解錠する「ピッキング」や、開口部から内側のつまみを回す「サムターン回し」といった手口を使います。

そのため、開口部が少なく、カギを使わずにICチップによって解錠できる最新のドアに交換するだけでも防犯機能を高めることが可能です。ほかには、鍵の閉め忘れを防止するオートロック機能付きのドアに替えるといった方法もあります。

 

 

玄関リフォームで断熱・通気性をアップ

玄関は窓と同じく、外気が入り込んでくる場所です。

したがって、断熱性が悪いと熱がこもって室内が暑くなったり、逆に冷気が入り込んで寒くなったりする原因になりかねません。最新の玄関ドアは気密性の高いものが多く作られているので、ドアを取り替えることによって玄関の断熱性を高め、室内温度を快適に保つことができます。

 

もう一つの重要なポイントが通気性です。玄関は靴の臭いなどがこもりやすく、梅雨どきなどにはジメジメして嫌な臭いが漂う不快な空間になってしまう恐れがあります。網戸付きのドアなどを採用すれば、ドアを開けずに空気を入れ替えることができるので便利です。

 

収納を作って空間の有効活用

家族全員分の靴はもちろん、掃除用具や傘、レインコートなど玄関に置かなければならない物は意外と少なくありません。そういったものを問題なく収納できるよう、使いやすい収納棚があると玄関の利便性は大きく向上します。

 

さらに、ウォークインクローゼットを設置すれば、単なる出入り口や収納としてだけでなく「装いを整える空間」としての役割をもたせることもできます。

 

玄関のバリアフリー化

玄関のリフォームを考える上で、忘れてはいけない観点が「バリアフリー」です。特に高齢者や小さな子ども、ペットがいるご家庭では、すべての家族にとって使いやすい玄関に作り変える必要があります。

 

つかまって体を支えられる手すりや、靴を履き替える際に腰掛けられるベンチがあれば、高齢者の利用に役立ちます。また、スロープを設置して段差をなくす、フロアタイルを滑りにくく汚れにくい最新のものに入れ替えるといったリフォームを施せば、高齢者はもちろん子どもやペットにとっても移動しやすい玄関になるでしょう。

 

まとめ

住宅において玄関は、使う時間や頻度こそほかの空間に及ばないものの、「外部との出入り口」という大切な役割を担っています。今回ご紹介してきたように、リフォームするメリットは決して少なくないので、住まいのリフォームを行う際は、ぜひ検討箇所の候補に入れておきましょう。