ウッドフェンスの役割~目隠しだけじゃない役立つ使い方~

住まいのデザインになじみ、街並みにも優しく溶け込むウッドフェンス。

天然木材だけでなく、最近ではお手入れしやすい樹脂製フェンスなど、お手入れしやすい機能的なタイプも多数登場しています。

 

今回は、ウッドフェンスの役割やタイプをご紹介します。

 

ナチュラルな目隠しとして活用

ウッドデッキを設置している住まいに、人気の高いウッドフェンス。

重要な役割のひとつが、目隠しです。木目調で温かみのあるウッドフェンスなら、塀で囲うよりもナチュラルに仕上がり、デザイン性を保ちながらプライバシーを守ります。

 

こちらのお宅では、高さの異なる木材を波のように並べて、緩やかなデザインに仕上げています。かっちりとしていない、優しい曲線を描くウッドフェンスは、ナチュラルな住まいによく似合います。

 

ウッドフェンスを使って敷地と道路を区別する

敷地と道路を区別するためにウッドフェンスを設置する場合も。

こちらのお宅では、道路に面したアプローチと敷地の間に、境界を区別するウッドフェンスを設置しました。車や人通りが気になるアプローチですが、優しい雰囲気のウッドフェンスを設置することで寛ぎの空間に。

ウッドデッキと組み合わせることで、よりナチュラル感のある外構デザインに仕上げました。

 

駐車場からの視線を遮る

オープンな駐車場からの視線は気になるもの。

駐車場からの視線を遮るために設置するケースもあります。窓の近くまで高さのあるウッドフェンスは、よりプライベート感を保ちます。

特に、浴室やトイレの窓の周りには目隠しとなるフェンスを検討してみてはいかがでしょうか?

 

敷地と隣地を区別する

ウッドフェンスで敷地と隣地とを区別するという使い方もできます。

 

ウッドデッキをアウトドアリビングとして使う場合は、近隣からの視線をカットするウッドフェンスがおすすめ。木の優しい質感が景観としても美しく、植栽やガーデニングの背景としても素敵です。

 

まとめ

ウッドフェンスはさまざまなタイプがありますが、隙間が小さいタイプを選ぶと、プライベート感が保てます。どのような用途で使うのかによってデザイン選びも変わってくるため、ぜひ役割を知って使い分けてみてはいかがでしょうか。