植栽の役割とは~オシャレさだけじゃない機能面にも注目!~

こだわりの住宅が美しく引き立つのも植栽があればこそ。

シンボルツリーや花壇など、緑や花が溢れる玄関周りにしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。今回は、植栽のさまざまな役割についてご紹介していきます。

 

植栽とは

 

植栽とは、アプローチや玄関、庭などに植えられる植物のこと。

住む人が四季を感じられるだけでなく、通りがかる人の目を楽しませる役割もあります。木々の緑や花々と建物が調和するポイントは、建物の外観やデザインなどに合わせて選ぶことです。建物に対して、大きすぎず小さすぎない絶妙なバランスや形を意識したいですね。

 

和風、洋風の外観によっても植栽のタイプが変わります。和風住宅なら純和風の庭園をイメージした紅葉や竹などを、洋風住宅なら、シンボルツリーを植えたり、四季折々の花々を楽しめる花壇をつくったりと、華やかなイメージの植栽がおすすめです。

 

植栽の役割1:玄関周りが優しいイメージに

 

玄関周りは、住む人だけでなく多くの人の目に触れる場所。

門や玄関周りに植栽があることで、優しい雰囲気を演出できます。数種類の季節の花や緑を寄せ植えすれば、より華やかで楽しい玄関周りに仕上がります。

 

植栽の役割2:プライバシーを守る

 

植栽は、目隠しとしてプライバシーを守る役割もあります。

圧迫感が気になる場合は、高低差をつけて木を植えると軽快なイメージに。街並みに溶け込む優しい雰囲気の植栽に仕上がります。

 

こちらのお宅では、駐輪場の目隠しとしても植栽が役立っています。さりげなく玄関周りを隠しながら、木々の緑が爽やかさを演出しています。

 

植栽の役割3:遮光のため

 

建物の窓の位置に合わせて木を植えれば、夏の強い日差しを遮るなど自然の遮光になります。また、大きな木なら庭に木陰をつくってくれるため、家族の憩いの場にもなりそう。

 

こちらのお宅では、外壁のすぐそばに窓の高さに合わせた木を植えています。植栽が建物に調和しながらも、プライバシーの確保にも役立っています

 

まとめ

景観をよくするためや、防犯などのために役立つ植栽。

しかし、植物は生物のため、水やりやお手入れなどきちんと管理できる範囲で取り入れたいですね。お手入れが心配な方は、比較的気軽に楽しめる植物の種類を専門家に尋ねてみてはいかがでしょうか。あなたも、植栽で住まいを美しく彩ってみませんか。