キッチンリフォームのビフォーアフター~品質とデザインにこだわった理想のキッチン~

主婦の方やお料理が好きな方にとって、キッチンはまさにお城。

こだわり抜いた使いやすく美しいキッチンに憧れる方は多いのではないでしょうか。今回は、弊社がリフォームしたお宅を例に、キッチンリフォームのビフォーアフターをご紹介します。

 

Before 木製扉がクラシカルなキッチン

もともとは、木製扉とタイルでクラシカルな雰囲気のキッチンだったこちらのお宅。

どこかカントリー調の可愛らしさも感じられるキッチンですが、経年変化によりややレトロなイメージになっていました。

キッチンキャビネットも同様に、木製の扉を基調としています。

収納は十分に確保されているものの、扉付の収納棚と引き出しの組み合わせで、やや使いにくさも感じられます。今回のキッチン全面リフォームによって、収納のしやすさやキッチン全体の使い勝手の良さが大幅にあがり、効率よく調理から片付けまでが進むように工夫しました。

 

After クラス感のある上質なキッチンへとリフォーム

・高品質なキッチンシリーズで統一

今回のリフォームでは、品質・デザイン共に、全てグレードの高いシリーズを採用し、クラス感のある上質なキッチンに仕上げました。

 

お施主様のこだわりを随所に取り入れて、理想のキッチンを実現。

キッチンは、住まいや暮らしに調和するデザイン選びが大切です。今回は、デザイン性と機能性に優れたリクシルの「リシェル」を採用しています。

 

・こだわりのワークトップ

今回のキッチンのこだわりのひとつは、優れた機能性のワークトップです。セラミックならではの味わい深い表情が魅力。セラミックは耐久性に優れているため、理想的なワークトップ素材と言えます。

 

また、調理中に高熱のフライパンや鍋など置いても、変形や変色が起こりにくいのも嬉しいところ。調理器具など硬いものを置いたり、引きずったりすることもあるワークトップですが、セラミック天板なら傷がほとんどつかず快適に使えます。

 

さらに、汚れが染み込みにくく、拭き掃除ですぐにきれいになるのも嬉しいところ。機能性だけでなく、焼き物ならではの美しさも兼ね備えた上質感のあるワークトップです。

・お手入れ簡単な美しいシンク

汚れがたまりやすいシンクは、きれいな状態を保つのが難しいもの。

こちらのキッチンでは、美しさと、お手入れのしやすさを兼ね備えたシンクを採用しました。片付け中、調理器具が落下しても割れにくいため、安心して使うことができます。食器洗いで使用する洗剤や、調理器具に付いた調味料などもシンクに浸透しにくく、お手入れがしやすい素材を採用しているため、美しさを保てます。

 

・ハンズフリー水栓でらくらく

肉や魚の処理中など、手が汚れている時には水栓を触りたくないもの。

今回は、ハンズフリー水栓を採用し、快適に洗い物ができるよう配慮しました。吐水口に内蔵されたセンサーが物や手の位置と動きを感知することで、自動的に吐水も止水ができます。

 

ハンズフリー水栓は、便利なだけでなく、意識せずに水を出し止めできるため節水になるのも嬉しいところ。毎日使う場所だからこそ、賢く節水できるのは理想的です。

 

・清潔を保てる使いやすいコンロ

丸みのあるデザインのトッププレートで、お手入れしやすいデザインが嬉しいコンロ。

汚れやすい場所だからこそ、清潔を保てるように配慮しました。バーナー間隔を広げ、グリルの排気口をコンパクトにした設計で、コンロ周りを広々と使えます。

奥には仮置きできるスペースもあるため、調理中の鍋などの置き場にも困りません。

 

・出し入れスムーズな大容量キッチン収納

多くの収納があっても、高い位置は使いにくい、かがんで使う棚は使っていないなど、使いこなせていないキッチン収納に困っている方も多いのではないでしょうか。

今回採用したリクシル「リシェル」のキッチン収納は、ほしい道具が最小限の動きで取り出すことができ、扉も軽く開くため楽にものを出し入れできます

 

また、よく使うものを取り出しやすい立体構造になっているため、使いやすさも抜群です。

収納にありがちなデッドスペースもなく、重ね置きが減らせるため出し入れもスムーズに。奥行きも有効利用できるロングスライド引出しも重宝します。

 

まとめ

今回のリフォームでは、仕上げ材などほぼお施主様がお選びになり、こだわりの詰まった理想のキッチンを実現されました。

リビングダイニングに調和する美しいキッチンは、調理する人と、家族や来客の距離をぐっと縮めます。機能性に優れた水まわりやコンロ周り、そして収納が合わさり、まさに主婦のお城といった素敵なキッチンに仕上がりました。

 

あなたもぜひ、思い描く理想のキッチンを弊社にご相談ください。