照明にこだわるリノベーション~「コーブ照明」と「コーニス照明」とは~

空間の印象を変える、インテリアエレメントのひとつが照明です。

リノベーションを機に、暮らしを豊かに彩る照明にこだわってみませんか。

 

今回は、コーブ照明、コーニス照明の違いやその特徴についてご紹介します。

 

「間接照明」で雰囲気のある大人の空間に

空間を照らす役割はもちろん、雰囲気を高める役割も持つ照明。ホテルやレストランなどでも取り入れられている「間接照明」とは、光90%以上が天井や壁面を照らし、その反射光によって床面や作業面を照らす照明のことをいいます。

 

最近では住宅でも、壁や天井などの躯体に光源を隠して設置する「建築化照明」が人気です。その代表格が、コーブ照明とコーニス照明。いずれも、雰囲気のある大人の空間づくりに最適です。それでは、それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

コーブ照明とは

コーブ照明とは、くぼみの裏側に光源を設置し、天井を明るくする照明です。コーブ照明は直接光でなく、反射させることによって柔らかな光を届けます。天井のデザインを際立たせたり、空間をよりおしゃれに見せたりと、高級感のある空間を演出できるのが魅力です。ホテルライクなラグジュアリー空間を目指すなら、ぜひ取り入れたいですね。

 

コーニス照明とは

コーニス照明とは、下向きの光で壁を明るく照らす照明です。光源が見えにくいため、低い天井にも取り入れやすいのが魅力。コーニス照明は、天井と壁面が接する部分に光源を設置するため、照明が主張し過ぎることなくしっとりとした雰囲気を演出できます。

 

コーブ照明・コーニスが似合う部屋とは

それでは、住宅のなかではどのように生かせばよいのでしょうか。コーブ照明、コーニス照明いずれも、リラックス感や大人の雰囲気を醸し出したい空間に適しています。リビングや寝室では、眩しさを感じない程度の温かみのある電球色(オレンジの光)がおすすめです。

 

また、こだわりのサニタリースペースにもおすすめです。洗面所なら、ミラーの上下にコーブとコーニス照明を組み合わせるのもおしゃれ。小さな空間だからこそ、天井梁など構造をうまく利用することで、ラグジュアリーな雰囲気を演出できます。

 

まとめ

コーブ照明、コーニス照明いずれも、シンプルな空間をより洗練された雰囲気へと導きます。雰囲気のある空間がつくれるため、こだわりのインテリアがより映えますよ。リノベーションの際には、検討してみてはいかがでしょうか。