田んぼ最後の作業です。

皆さんいかがお過ごしですか。

ここのところ天候不順続きで、田んぼの作業も思うように進みません。

稲刈りも出来ずに稲が倒れたままの田んぼも見受けられます。

私の田んぼは、去年より早めに種モミの植え付けをしたため

周りより早めの稲刈りとなり、何とか最後の作業の脱穀にたどり着けました。

昔ながらの足踏み脱穀機で、稲からモミを弾き飛ばすようにして

分けます。

あとは、金網のふるいでモミとワラを分別して、モミを米袋におさめれば

収穫完了となり、1年間の田んぼ作業の一区切りです。

田植えから収穫まで、自給用くらいであれば人力作業で

エンジン付きの機械などの助けがなくても、何とかできるものです。

結局のところ米作りは、稲の生命力に尽きる気がして、

われわれにできるのは、そのお手伝いのみです。

今年もまるで子育てのような、ハラハラ、ドキドキと

心配を吹き飛ばせるような成長ぶりに、感動しきりの田んぼでした。

これだからはまる・・・・・