住まいに彩りを。小さな植栽スペースをつくるメリットと楽しみ方

住まいに瑞々しい彩りを添える植栽。街並みや住まいになじみ、優しい印象を与えます。しかし、大掛かりな植栽になると手入れが大変なのでは…と心配な方も多いかもしれません。そこで今回は、小さな植栽スペースをつくるメリットと、その楽しみ方をご紹介します。

 

気軽に楽しむなら小さな植栽スペースを

アプローチや庭に植栽があることで、住まいの見栄えがよくなり優しく柔らかな印象になります。しかし、花や緑を美しく保つのは大変なもの。小さなスペースから始める植栽なら、家族で気軽に楽しめます。

 

お手入れのしやすさを考えるなら、こちらのお宅のように、アプローチの一角に小さく花壇をつくるのがおすすめ。植栽スペースがまとまっていることで、水やりやお手入れもスムーズになります。

 

四季を感じられる

木々が色づいたり花が咲いたりと、植栽があることで季節感を楽しめることもメリット。四季のうつろいが感じられ、より豊かな暮らしを実感できることでしょう。

こちらのお宅のように、小さな植栽スペースでも、季節の草花や紅葉する樹木を植えることは可能です。

 

プライバシーを確保できる

植栽は、暮らしに彩りを添えるだけでなく、プライバシーを確保する意味でも役立ちます。高さや密度などを工夫すれば、圧迫感のない目隠しにも。

こちらのお宅のように、住まいになじむフェンスや塀などと織り交ぜた植栽なら、建物に調和した美しい外構がかないます。

 

街並みに溶け込む

アプローチの一角に花壇をつくれば、街並みに溶け込む柔らかく優しいイメージに。植栽は、住む人の心を和ませるのはもちろん、道行く人の目も楽しませます。季節の花、彩り豊かな花々を植えて、いつも美しく保ちたいものです。

ガーデニング初心者の方は、手軽に楽しく管理するためにも、無理のない小さな植栽スペースがおすすめです。

 

まとめ

住まいに調和する植栽は、建物をより引き立てます。気軽に楽しめる小さな植栽スペースは、温かみの住まいづくりに欠かせないもの。室内からの眺めやプライバシーの確保など、植栽の目的を明確にして植物を選べば失敗がありません。

 

ぜひ、アプローチや門まわりに取り入れてみてください。