アウトドアリビングで暮らしが変わる~屋外のリノベーションポイント~

近年、屋内と屋外が自然に繋がり、住空間を豊かにする「アウトドアリビング」が注目されています。住まいに開放感と非日常的なリゾート感をもたらす、おしゃれなリノベーションアイデアです。今回は、アウトドアリビングの魅力と、屋外リノベーションのポイントをご紹介します。

 

アウトドアリビングとは

アウトドアリビングとは、室内と繋がり外にひらかれたスペースのこと。

家族や友人と食事を楽しむなど「第二のリビング」として活用する方も増えてきました。開放感溢れるアウトドアリビングは、大切な方たちへのおもてなしの席にも重宝すること間違いなし。広いバルコニーやテラスがあるけれどうまく活用できていない、という方にもおすすめのアイデアです。

 

広いバルコニーやテラスをアウトドアリビングに

広いバルコニーやテラスは、開放感が魅力です。

ここをリノベーションして、より快適に過ごせる家族の憩いスペースとして活用してみませんか?

休日のランチや、星空を見上げながらのディナーなど、自宅に居ながら非日常感が楽しめるでしょう。床面をウッドデッキにすることで、屋内と屋外を緩やかに繋がりより心地良く開放的な住まいに。庭が設けられない住まいでも、光と風、そして季節の変化を感じられる貴重なスペースになります。

 

リノベーションの際はプライバシー対策を

バルコニーやテラスをアウトドアリビングとして活用した場合、隣接する住宅や外部からの視線が気になるところ。対策としては、目隠し塀や庇や樹木などの設置が有効です。

高めの壁を設ける場合も、木のルーバーや高さのある樹木などを取り入れれば、圧迫感のないやわらかな印象を保てます。ぜひ参考にしてみてください。

 

通風や採光を配慮したリノベーションを

アウトドアリビングでは、防犯面から壁やフェンスを高めに設置するケースも見られます。

しかし、目隠し対策を施すほど開放感が台無しになってしまうことも。

 

対策としては、格子やパンチングメタルなど、通風や採光に優れた部材をリノベーションに使用するのがおすすめです。上手に視線を遮りながら、通風や採光に配慮したリノベーションを検討したいですね。

 

まとめ

アウトドアリビングのリノベーションポイント、いかがでしたでしょうか。

住まいのなかにアウトドア感覚で楽しめるスペースがあることで、暮らしの楽しみ方がより広がります。庭のかわりに、子どもが思いっきり遊べるスペースとしても活用できますね。

 

開放感が得られにくい都市の住宅においても、アウトドアリビングは光と風を身近に感じられます。あなたもぜひ、リノベーションの際はアウトドアリビングを検討してみませんか。